1. ホーム
  2. こころが楽になるコミュニケーションスキル

こころが楽になるコミュニケーションスキル

あらゆるスキルの “いいとこどり” で、臨床を楽しく続ける!

  • この商品のコメントを見る

定価:3,850(本体 3,500円+税)

B5判変型・120ページ・オールカラー
送料:220円[合計3,000円(税込)以上は無料]
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2020年05月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

こころが楽になるコミュニケーションスキル
【著】髙原由紀(歯科衛生士)
B5判変型・120頁・オールカラー
定価3,850円(本体3,500円+税)
あらゆるスキルの “いいとこどり” で、臨床を楽しく続ける!
「伝えたいのに伝わらない」「『あの患者さん、何となく苦手』と思ってしまう自分がイヤ」「気持ちの切り替えがうまくできない」などの問題を抱え、悩んでいた著者。そのような問題を解決するために、カウンセリング、コーチング、行動変容ステージモデル、NLP心理学を広く学んでいくなかで、自分に必要なそれぞれのエッセンスをうまくアレンジし、臨床で活用している実践方法を大公開! 臨床力を最大限に発揮し、日々の診療を楽しく続けましょう!

はじめに PDF651KB
CONTENTS
1章 コミュニケーションの悩みと基本
コミュニケーションで悩んでいませんか?
コミュニケーションの基本は「共感」
 
2章 3つの “利き感覚”
“利き感覚”のタイプに合わせたかかわり方
“利き感覚”のタイプ別実践例
 
3章 コーチングによる4つのタイプ
“タイプ分け”で、自分自身と苦手な相手を知ろう
苦手なタイプを克服しよう!
 
4章 患者さんの“ステージ”を考える
行動変容ステージモデル① ─患者さんに習慣化してもらうために
行動変容ステージモデル② ─無関心期の患者さんの特徴とアプローチ
行動変容ステージモデル③ ─関心期・準備期の患者さんの特徴とアプローチ
行動変容ステージモデル④ ─実行期・維持期の患者さんの特徴とアプローチ
 
5章 臨床での応用例
NLP心理学・コーチング・行動変容ステージモデルの活用とタイミング
担当を引き継いだ患者さんが苦手なタイプだったら……
患者さんから質問攻めに遭ったら……
本音を表に出さない患者さんへの対応
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

こころが楽になるコミュニケーションスキル - 目次(PDF525KB)

こころが楽になるコミュニケーションスキル - ちらしデータ(PDF4.74MB)



3,000円以上で送料無料
代引は手数料別途265円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング