1. ホーム
  2. 臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書

臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書

痛みの問題を解決して、患者の信頼に繫げよう!

  • この商品のコメントを見る

定価:5,940(本体 5,400円+税)

A4判変型・180ページ・オールカラー
送料:220円[合計3,000円(税込)以上は無料]
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2020年10月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

◆お詫びと訂正◆

デンタルダイヤモンド増刊号『臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書』におきまして、棚原樹夢先生の所属に誤りがありました。
25ページにて「北海道・よしもと歯科・矯正」と記載していますが、正しくは「北海道・棚原歯科」となります。ここに訂正してお詫び申し上げます。


臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書
【編集委員】
和嶋浩一 (慶應義塾大学医学部 歯科・口腔外科学教室
       東京都・元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター)

石井隆資 (日本歯科大学附属病院 総合診療科)
島田 淳 (東京都・グリーンデンタルクリニック)
A4判変型・180頁・オールカラー
定価5,940円(本体5,400円+税)
痛みの問題を解決して、患者の信頼に繫げよう!
一般開業医において、多くの患者は痛みを主訴に来院します。その際、患者と信頼関係を構築するには、痛みの診断と解消が必須です。本増刊号では、フローチャートを用いて痛みの診断方法をわかりやすく解説しているほか、臨床現場で挙がる痛みに関する疑問を取りまとめ、各分野のスペシャリストに回答いただきました。さらに、検査や鎮痛薬などの関連知識も詳述しており、まさに臨床現場における“痛み”を網羅した一冊です。

刊行にあたって PDF131KB
CONTENTS
第1章 主訴・症状の診断
第1章の読み方 パターン認識法・臨床診断推論を用いた診断法  和嶋浩一
歯がしみるのが続き、ときどき激痛もある  加納史也
就寝中、上の歯の激痛で目が覚めてしまう  長島郁乃 他

第2章 痛みに関するQ&A
「歯が痛い」と訴えて来院した患者に、歯内療法専門医はどのように対応するか?  澤田則宏
小児が「歯が痛い」と言っている。どのように調べていくか?  浜野美幸
「顎が痛い、片側の歯が強く当たる」との訴え。咬合調整で治るか? 矢谷博文  他

第3章 検 査
歯原性か非歯原性かの検査 ─診断のためのデータ収集─  石井隆資
非歯原性歯痛の原因疾患の鑑別  野間 昇
顎関節症の検査  石垣尚一

第4章 治 療
鎮痛剤(漢方薬も含む)の使い方  福田謙一
痛みの改善の運動療法 ─局所的なもの、全身的なもの─  原 節宏 ・ 島田 淳
慢性痛への心理的対応  坂本英治

第5章 痛みの知識
急性痛と慢性痛、そして遷延痛  村岡 渡
痛みと精神医学的問題の関係  宮地英雄
臨床に役立つ痛みの神経生理知識  篠田雅路
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。
 

臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書 - 目次(PDF178KB)

臨床現場で役に立つ“痛み”の教科書 - ちらしデータ(PDF413KB)



3,000円以上で送料無料
代引は手数料別途265円

Information

売上ランキング