1. ホーム
  2. GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK

子どもの反対咬合に即効!顔貌も改善します。

  • この商品のコメントを見る
このたびの台風第19号の影響により宅配便や郵便物等のお届け遅延の可能性が発表されております。
お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

定価:5,280(本体 4,800円+税)

A4判・64頁・オールカラー
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2019年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK
【著】鈴木設矢(東京都開業)
A4判・64頁・オールカラー
定価5,280円(本体4,800円+税)
子どもの反対咬合に即効!顔貌も改善します。
不正咬合は見た目でわかる形態的な疾患であるため、子どもに異常があれば一般臨床医でも容易に早期発見が可能です。しかし、発見しても放置すれば病態は悪化し、叢生などとの合併症を起こすと治療は複雑化するうえ、さらに骨格性反対咬合へと移行すると大がかりな外科的矯正治療を要する可能性が高まります。また、反対咬合は子どもの顔貌を歪めてしまいます。本書は、一般臨床医が早期に発見した子どもたちの反対咬合を、早期に治療するためのポイントを簡潔明瞭にまとめています。“様子をみる”前に、ぜひご一読ください。

はじめに PDF439KB
CONTENTS
  • チェック 様子をみるべきか、早期治療の開始か
  • チェック 不正咬合は歯列だけの問題か
  • チェック 保護者が矯正治療を希望する時期
  • チェック 小児歯科と一般歯科との治療概念の違い
  • チェック 最も大切な診査事項は年齢
  • チェック 歯列を取り巻く口腔の環境を考える
  • チェック 反対咬合を考える
  • チェック 反対咬合の自然治癒
  • チェック 機能性反対咬合の考察
  • チェック 乳幼児の反対咬合はなぜ自然治癒しやすいのか(解剖学的考察)
  • チェック 低位舌による機能性反対咬合の発症
  • チェック 舌のポスチャー(姿勢位)を考える
  • チェック 機能性反対咬合の治療方法
  • チェック パナシールドPMの適応症
  • チェック なぜ反対咬合が発症するのか
  • チェック 生体の成長を考えよう
 
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK - 目次(PDF271KB)

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK - ちらしデータ(PDF2.24MB)



3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング