1. ホーム
  2. 歯科医が押さえておきたい生活習慣病Q&A78

歯科医が押さえておきたい生活習慣病Q&A78

著名な内科医が歯科医療従事者に贈る、生活習慣病の入門書!

  • この商品のコメントを見る

定価:3,888(本体 3,600円+税)

B5判変型・176頁・オールカラー
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2018年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

歯科医が押さえておきたい生活習慣病Q&A78
[監著] 富野康日己  医療法人社団松和会 常務理事 順天堂大学名誉教授
B5判変型・176頁・オールカラー
定価3,888円(本体3,600円+税)
著名な内科医が歯科医療従事者に贈る、生活習慣病の入門書!
糖尿病第6の合併症として歯周病が加えられたことが、近年のトピックの一つとなっています。その他にも、歯周病と虚血性心疾患、脳梗塞、肥満など 、おもに歯周病と生活習慣病の関連を示唆する文献が、国内外で報告されています。よって、歯科においても、生活習慣病の知識を整理し、最新の知見を把握しておくことは欠かせません。本書では、生活習慣病の基本から歯科とかかわる具体例とその対応までを、読みやすいQ & A形式で解説。日常臨床の場で、すぐに役立ちます。
はじめに PDF296KB
CONTENTS
 
序章 内科医が伝えたい生活習慣病のこと
 
1章 生活習慣病の基礎知識
  • 糖尿病 / 高血圧症 / 慢性腎臓病 / 肥満 / 痛風
    虚血性心疾患 / 脳血管障害
 
2章 歯科と関連する生活習慣病アラカルト
  • 糖尿病患者の歯科治療時に注意すべき点は?
  • 歯周病以外の糖尿病の合併症とは?
  • 糖尿病と味覚障害は関連があるの?
  • なぜ慢性腎臓病患者は歯周病が悪化しやすいのか?
  • 人工透析後に観血的歯科処置を行ってもよい?
  • なぜ肥満が歯周病を悪化させるのか?
  • 歯科治療中に患者が胸痛を訴えた場合、緊急対処法は?  他
こんな方・歯科医院におすすめ!
  • 生活習慣病の疾患概念を整理・おさらいしたい
  • 生活習慣病の最新の知見を把握しておきたい
  • 生活習慣病患者さんへの歯科治療時の注意点を知りたい
  • 歯科外来での検査データの意義・読み方・標準的対応を押さえておきたい
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

歯科医が押さえておきたい生活習慣病Q&A78 - 目次(PDF121KB)

歯科医が押さえておきたい生活習慣病Q&A78 - ちらしデータ(PDF655KB)



3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング