1. ホーム
  2. 治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”

治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”

「その治療はリカバリーできるのか?」予後のリスクを想定し、リカバリーできる治療方法を選択するための書

  • この商品のコメントを見る

定価:14,040(本体 13,000円+税)

A4判変型・224頁・オールカラー
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2017年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”
[著者]
渡辺隆史(福島県・小滝歯科医院)
A4判変型・224頁・オールカラー
定価14,040円(本体13,000円+税)
「その治療はリカバリーできるのか?」
予後のリスクを想定し、リカバリーできる治療方法を選択するための書

安全・安心・確実な治療をおこなうために、「正しい診断」、「患者利益を追求した治療」「低襲治療」「矯正を取り入れたマルチディシプリナリーアプローチ」「矯正医とのインターディシプリナリーアプローチ」をキーワードに、「予後のリスクを回避するための治療方法の選択肢」をディシジョンツリーに示し、わかりやすく紹介する。
はじめに PDF156KB
CONTENTS
I章 一口腔単位の治療とマルチディシプリナリーアプローチ
患者利益と医療の質
一口腔単位の治療とマルチディシプリナリーアプローチとは
歯科治療の三大要素(炎症のコントロール・力のコントロール・審美性)
補綴的介入のリスク
歯列不正がもたらすリスク …他
II章 リスク回避のための治療の選択肢
Stage1「下顎第一大臼歯 う蝕」から「下顎第一大臼歯 抜歯」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage2 「下顎第一大臼歯 抜歯」から「下顎第二大臼歯 近心傾斜&対合歯挺出」、「小臼歯 近心傾斜&遊離端欠損」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage3 「小臼歯近心傾斜&遊離端欠損」から「低位咬合&下顎前歯挺出&上顎前歯フレアーアウト」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage4 「上顎無歯顎&下顎遊離端欠損」から「上顎前歯部骨吸収・フラビーガム&下顎臼歯骨吸収」に至るまでの治療のリスクと選択肢
III章 小滝歯科医院の取り組み
診療の流れ(診査・診断・治療計画)
マルチディシプリナリ―アプローチのためのシステム作り …他
【ESSENCE】
「接着性ブリッジ」形成手順
Upright spring ベンディング手順
Basic utility arch ベンディング手順
オープントレー法による超精密印象手順
金属床義歯の作製手順
アルタードキャストテクニックの手順 …他
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

治療のリスクと選択肢 目次(PDF 208KB)

治療のリスクと選択肢 ちらしデータ(PDF 3.52MB)



3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング