1. ホーム
  2. 治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”

治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”

「その治療はリカバリーできるのか?」予後のリスクを想定し、リカバリーできる治療方法を選択するための書

  • この商品のコメントを見る

定価:14,300(本体 13,000円+税)

A4判変型・224頁・オールカラー
送料:220円[合計3,000円(税込)以上は無料]
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2017年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

この本の 「試し読み!」 はこちら


詳細情報

治療のリスクと選択肢 リスクを回避した治療を選択する“Multidisciplinary Approach”
[著者]
渡辺隆史(福島県・小滝歯科医院)
A4判変型・224頁・オールカラー
定価14,300円(本体13,000円+税)
「その治療はリカバリーできるのか?」
予後のリスクを想定し、リカバリーできる治療方法を選択するための書

安全・安心・確実な治療をおこなうために、「正しい診断」、「患者利益を追求した治療」「低襲治療」「矯正を取り入れたマルチディシプリナリーアプローチ」「矯正医とのインターディシプリナリーアプローチ」をキーワードに、「予後のリスクを回避するための治療方法の選択肢」をディシジョンツリーに示し、わかりやすく紹介する。
はじめに PDF156KB
CONTENTS
I章 一口腔単位の治療とマルチディシプリナリーアプローチ
患者利益と医療の質
一口腔単位の治療とマルチディシプリナリーアプローチとは
歯科治療の三大要素(炎症のコントロール・力のコントロール・審美性)
補綴的介入のリスク
歯列不正がもたらすリスク …他
II章 リスク回避のための治療の選択肢
Stage1「下顎第一大臼歯 う蝕」から「下顎第一大臼歯 抜歯」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage2 「下顎第一大臼歯 抜歯」から「下顎第二大臼歯 近心傾斜&対合歯挺出」、「小臼歯 近心傾斜&遊離端欠損」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage3 「小臼歯近心傾斜&遊離端欠損」から「低位咬合&下顎前歯挺出&上顎前歯フレアーアウト」に至るまでの治療のリスクと選択肢
Stage4 「上顎無歯顎&下顎遊離端欠損」から「上顎前歯部骨吸収・フラビーガム&下顎臼歯骨吸収」に至るまでの治療のリスクと選択肢
III章 小滝歯科医院の取り組み
診療の流れ(診査・診断・治療計画)
マルチディシプリナリ―アプローチのためのシステム作り …他
【ESSENCE】
「接着性ブリッジ」形成手順
Upright spring ベンディング手順
Basic utility arch ベンディング手順
オープントレー法による超精密印象手順
金属床義歯の作製手順
アルタードキャストテクニックの手順 …他
※詳細につきましては下記PDFよりご覧下さい。

治療のリスクと選択肢 目次(PDF 208KB)

治療のリスクと選択肢 ちらしデータ(PDF 3.52MB)



3,000円以上で送料無料
代引は手数料別途265円

Information

売上ランキング