1. ホーム
  2. 書評
  3. デンチャーメインテナンス

書評

デンチャーメインテナンス

[監修]谷田部 優
[編著]前畑 香
[著]    三宅宏之,湯田亜希子


100種類もの義歯ケア商品を網羅

  本書は、谷田部 優先生の監修のもと、前畑 香先生、湯田亜希子先生、三宅宏之先生が、義歯のメインテナンスについて、家庭や介護施設で行える義歯の清掃法を中心に、使用機材や薬剤を含めて解説しています。本書のような、義歯のケア商品を約100種類も調べ上げた資料は他に類を見ません。

  当院では、患者さんからよく「〇〇という義歯洗浄剤を使っているけど、私の金属床義歯に使って大丈夫ですか?」と聞かれることがあります。また、歯科訪問診療でうかがったお宅や介護施設で、さまざまな義歯洗浄剤をみかけます。その商品が本当に患者さんに適したものなのか、われわれの知識が追いつかない現状があります。本書は多種多様な義歯洗浄剤について、歯科医院専売品から市販品まで、実際に手に入る商品ほぼすべてを網羅しており、その商品の特徴がわかるように配慮されています。編著者の前畑先生の、義歯に対する愛情、細かいところまで目の届く姿勢にはいつも敬服しています。

  歯科訪問診療を専門とする湯田先生は、患者さんが高齢となり、セルフケアが難しくなった場合のアプローチの仕方を解説しています。清掃方法だけではなく、患者さんの自立支援をも考慮した指導法は、超高齢社会におけるこれからの歯科医療の可能性を感じさせます。

  三宅先生は、ご自身も東日本大震災で被災され、その経験をもとに災害時の義歯のメインテナンスを解説しています。私も震災後に津波による被害を受けた三宅先生の診療室にうかがいました。いくら医療技術があっても、災害が相手では、歯科医師は無力であることを思い知らされました。しかし、そのような環境でわれわれ医療者は何ができるのか、何をしなければいけないのかを改めて考えさせられました。

  義歯装着患者において、義歯を不衛生な状態で使用することは、誤嚥性肺炎のリスクを高め、患者さんの健康を損なうことになります。お口の健康が全身の健康を支えていることを啓発するためにも、義歯のメインテナンスに力を入れる必要があります。

  本書は診療室のすぐ手の届くところに置いて、パッと開いて読むことができるようにしておきたい書籍です。本書があれば、歯科医師ばかりでなく歯科衛生士も、患者さんから突然質問を受けても、答えられるでしょう。

(文・亀田行雄/埼玉県・かめだ歯科医院)
[デンタルダイヤモンド 2017年11月号掲載]

デンチャーメインテナンス

デンチャーメインテナンス

[監修]谷田部 優
[編著]前畑 香
[著]    三宅宏之,湯田亜希子

定価(本体3,500円+税)




Information