1. ホーム
  2. 裸のインプラント

裸のインプラント

裸のインプラント

  • この商品のコメントを見る
誠に勝手ではございますが、下記の期間年末年始に伴う休業のため、年内出荷は12月28日14時半ご注文分までとさせて頂きます。
休業期間 2018年12月29日~2019年1月6日 2019年は1月7日より通常営業いたします。

定価:8,208(本体 7,600円+税)

A4判/126頁
送料: 無料
発送日:1~2営業日  
在庫:◎ 在庫あり
2006年04月発行

数量

6冊以上のご注文の場合は、カートに入れた後「ご注文内容」で変更して下さい。

詳細情報

裸のインプラント
インプラント職人・原 正幸 VS 病態学者・井上 孝
インプラントのトップランナー原正幸が
病理の鬼才井上孝に「オレの症例、ハダカにしてよ」で、はじまった歯科版東海道中膝栗毛。
東京→名古屋の珍道中。水と油の顛末は?
インプラント職人・原 正幸 VS 病態学者・井上 孝
A4判/126頁
定価8,208円 (本体7,600円+税)
本書では大学人・井上 孝と開業医・原 正幸がそれぞれの観点でインプラントを語り、問題提起をしている。インプラントを行ううえで必要なEBMと(井上)、試行錯誤をしながらも、患者に喜ばれるためにインプラント治療を行ってきた臨床の軌跡(原)。それぞれのインプラントへの熱い思いが、インプラント治療を変えていくヒントになるだろう。
うまくいった。患者も喜んでくれた。
  でも、本当にこれでいいのだろうか?(原)
骨に関するエビデンスを知らなければ
  インプラントの準備はできない(井上)
Case presentation:
  東海道線の旅でご案内いたします。[骨の再生はどれだけ期待できるか]
[十分な骨がない……]
[インプラント周囲炎と骨の吸収・増生]
[インプラント周囲の歯肉環境を考える]
[埋入後早期負荷のリスクは?]
[骨量はどのくらい必要か]
[自家歯牙移植]
[手探りのなかでの挑戦]
[自家骨VS骨補填材]
[抜歯窩を利用した骨補填材と吸収性メンブレン]
[サイナスリフトの現実]
[再生治療が可能になるまで……患者は待てない]


3,000円以上で送料無料
代引き手数料260円

書評

最新情報満載のメルマガ会員募集中!

Information

この商品を見た人は
こんな商品も買っています

売上ランキング